President社長を知る

日本一
人生を
変えられる
社長を目指す!

株式会社Road 代表取締役社長
片江 光太 Kota Katae

Roadのリクルーティングサイトにお越し頂き、ありがとうございます。
一風変わった企業の、一風変わった社長です(笑)
Roadに興味を持ってくれたあなたも一風変わった人かもしれません(笑)
一風変わった者同士、一般的慣習に囚われないスタイルでメッセージを送らせてください。
何故、ここまで色々なことにこだわって独自路線を貫いた企業創りをしていくのか?
代表として綴らせて頂きました。

人生を変えることにこだわるようになったキッカケは?

私は、日本で1番人生を変えられる人になる夢を実現する為に、株式会社Roadを創りました。
だからこそ、
Roadのビジョンは
日本一人生を変えられる企業を創る』

ことです!

自分自身が生まれもった才能があったわけでもなく、学生時代に優れた要素があったわけでもなく、これといって秀でたことも何もなかった学生であり尚且つ、自分に甘く言い訳ばかりで、好きなことしかやらず、特に勉強は一切した記憶がないような学生生活でした。

ただ!社会に飛び出してからは、そのまま中途半端な何でもない人生を歩んでいくことだけは、絶対に嫌だと決意して、道を切り開いてきました。
二十歳の頃の自分からすると、20代の努力によって"大きく人生を変えることが出来た"と三十歳になった現在感じています。
多くの理想を掲げ、成し遂げたいことを叶え、大きく自分の選択肢や可能性を広げ、理想の実現に向けて着々と邁進することが出来、30 歳を超えた現在も、目標に向かってワクワクした人生を歩むことが出来ています。

私よりも、優れた才能や優秀な学歴、恵まれた環境にいた人を沢山知っていますが…
大人になっていくに連れて、理想とはかけ離れた人生を歩み、いつの間にか理想を捨て、とりあえずの自分の人生を自己肯定することに終始している大人を沢山見てきました。
若いうちは、理想や情熱を持っている素敵な人は多くいますが、30歳前後にもなると大半の人が夢や理想を捨てて、つまらない大人になります。
そして、そのつまらない自分を否定したくないから、いつの間にか、その自分を無理矢理、自己肯定して、幸せなフリをしている人が沢山います。
元々の理想や夢に嘘をついて、自らの中でも違和感を感じながらも「それが大人…」っと、支離滅裂な言い訳をして、無駄にプライドだけ高くなり、醜い見栄を張っていく大人になっていってしまった人を沢山知っています。
そして、醜い見栄を張り続ける虚像にも、限界が来て、いつの日か、本当に虚しく、ただ日々を消化していくだけの人生を歩んでいる人が沢山います。

私は、そんな大人になりたくありませんでした。
命を授かり、ここまで育ててもらい、沢山の人に支えてもらった以上
最高の人生』を歩むことが、
私の生きる意義

だと感じています。

『最高の人生』とは、なにか?

まだまだ、その本当の答えには、到底たどり着けそうにないほどの難題だとは思いますが…
未来を見据え、長い人生を本当に最高の人生をする為には?
難題をとことん追求して『最高の人生』を歩みたいと考えています。

最高の人生』という言葉を聞いて、どんな人生を想像しますか?
人それぞれ、その言葉の定義は違うと思います。

私が考える、『最高の人生』とは?
まず、一人の人間としての幸せを考えました。
20代前半、実力も何もなかった私は、人のことを考えるよりも、まずは自分が輝けるようにならなければなにも始まらないと考え、自らがまず輝くことを第一優先に考えました。

やはり、男として生まれた以上、パッと浮かんできた言葉であり
20代前半らしく、掲げたテーマは…
誰にも負けない格好良い男になる」

自分の10代を考えたときに、熱中した野球においても、学業においても、何においても、狭い世界や低い目線で見れば、勝てたことはあっても
本当の理想と比較すると、
多くの負けを味わってきた人生であった

と感じました。
幼少期から10代までの子供時代に、勝ち切ることが出来ず、決して格好良いと言える自分ではなかったからこそ20代に突入して、大人になる上で、「誰にも負けない格好良い男になりたい」と強く感じました。
社会や人の深みも知らない、青臭いクソガキではありましたが…

当時の自分なりに、”格好良い”を定義して、いくつもの目標を長期、中期、短期と掲げて、達成計画を立てました。
生活面としても、身なりとしても、内面としても、生き様としても当時の自分なりに考える”格好良い”を定義して行こうとした中で、やはり一個人のことだけでは、どうしても違和感を感じていた矢先
大切な人を幸せにし続けられる人』
という言葉が、自分の中で浮かび上がりました。
若い時だからこそ、自分の為だけになりがちな中で『大切な人を幸せにし続ける』ことが出来る人の価値が高いと感じて、自分の目標に組み込みました。

ポイントは『大切な人を幸せにする』ことではありません。
『大切な人を幸せにする』ことにフォーカスをすると、確実に目先思考となります。

例えば…
家族や恋人や仲間など、大切な人がいると思いますが
『大切な人を幸せにする』という思考である以上、目の前で何がしてあげられるか?今、どれだけの時間を過ごしてあげられるか?などに、終始してしまいます。ただ、私にはそれは全然格好良いことだとは思いません。
こだわったのは
大切な人を幸せにし続けられる人』
です。

この
…し続けられる人』
ということにポイントがありました。
だからこそ、目先思考でいては実現不能です。
私が考えた『…し続けられる人』というのは、それだけの力量がある人であり、それだけの力量を高め続けられる人であると考えました。
その為、一時的な楽しい時間や、一時的なお金や一時的な娯楽では、全くありません。
人生を賭けて、生涯に渡って『大切な人を幸せにし続けられる人』ということに20代前半からこだわってきたことが、大きな分岐点であったと感じます。
当時の私の周りにも『大切な人を幸せにしたい』と思っていた人は多くいましたが
皆さん『…し続けられる人』にフォーカスを当てていませんでした。
その後、10年近くが経過して、その人達がどうなったか?は、言うまでもありません。

こんな考えで20代前半から走り出した『最高の人生』への道は激動でした。
非効率で、無駄なことも、理不尽なことも、無意味なことも、沢山あった気がしますが…
とにかく誰よりも沢山仕事をしようと努力をし続けました。
プロ野球選手/甲子園を目指していたにも関わらず、自分への甘さや怪我に負けて、悔いのない努力が出来ずに夢破れた過去のようにはなりたくないと強い覚悟で、圧倒的に頑張り続けました。

その結果、成り上がりの道は切り開き、下剋上を起こすことが出来て、一つ一つの理想を実現させていくことが出来ました。

結果として、20代で人生を大きく変えることが出来た自分の切り開いてきた道を振り返って
自分程度の人間であっても、ここまで大きく劇的に人生を変えることが出来たからこそ
ひとりでも多くの人にも、人生を変えて欲しいと思うようになりました。

自分のこれまでの人生が好きだろうが、嫌いだろうが
どちらにしても最高の人生と満足できていないのであれば、
諦めないで最高の人生を目指して欲しいと考えています。

妥協をすることは簡単です。
「こんなもんでしょ」と割り切ってしまうのは簡単です。
ただ、割り切ってしまった先にあるのは、妥協の繰り返しです。
一度、妥協し始めた人生は年齢を重ねる度に妥協を繰り返していきます。
いつの間にか、理想や幸せなど忘れて、淡々と無気力に生きて欲しくないんです。

キッカケを与えてくれる人さえいれば、アシストしてくれる人がいれば、導いてくれる人がいれば、実現可能な環境があれば…

あとは自分の頑張り次第で、人生を変えられます
実現不可能にも思えるような途方もないことも、どうにかなります。
叶えることは可能です。

私がそうでした!
だから、私は自分の人生をかけて
一人でも多くの人の人生を変えたいと信念をもって生きていきます。

世の中に、そんな経営者はいないかもしれません!
だからこそ、面白い!
私が、その唯一無二の存在となって、夢と希望を与え、道を作り、実現に導くことが、使命だと思っています。

私の生い立ちを知って、
少しでも参考になってくれたら嬉しいです!

Roadを何故創業した?
どんな会社で在りたい?

Roadを何故創業した?
どんな会社で在りたい?

20代前半で人生を大きく変えることが出来た私の経験を経て、沢山の人の人生を叶えたいと願って奮闘していましたがどうしても、乗り越えられない壁がありました。

それは、所属している環境の
目的の差
でありました。

私が成長させてもらうことが出来た環境や他の会社を探しても、私が掲げる「人の人生を変える」ことを目的としている環境はありませんでした。
どれだけ優れた環境であっても目的の違いがあれば、方向性の違いによって大きな乖離
が生まれます。

登り詰めるまでの未熟な間は、方向性の違いなど関係なく、何も力のない中で方向性の違いなどと戯言を言っていては何も道は切り開けないと考え、組織の方向性に沿って一心不乱に貢献を目指してきました。
そして、一定の水準まで登り詰め、個人の目標が達成した際に、その先を考え、明らかに自らの方向性と乖離している現実と直視しました。
私の存在意義はそこに求めるべきではないと感じました。
ただ、社会を見渡しても
私の知る限り、組織の目的/会社の目的は「人の人生を変える」ことにはフォーカスしていません。

そんな壁に直面しているときに、聞こえてきた言葉は…
片江さん!会社創りましょう」
片江さん!起業してください」
片江さんが、会社起こすしかないです」

長年連れ添った仲間達からの言葉です。

自分の中で躊躇していた迷いを打ち消して、勇気をもらえた言葉でした。元々、起業するつもりもなく、社長という言葉に嫌悪感すら感じていた、私の迷いを振り払ってくれたのは、仲間の言葉でした。
無意味な先入観を抱き、「起業や社長」という、ありきたりな野望を追い求める浅薄な人達と一緒にされたくないという無駄なこだわりをアッサリ捨てることが出来ました。

多くの浅薄な人達とは、一線を画す本物になれば良いんだと決意して、Road創業に至りました。

やりたい事業もない、出来る事業もない、創業資金もない、経験も、知識もない…
会社を興す為の経営資源における、「人・物・金」の「物・金」は一切ありませんでした。

ただ、1番大切な「人」がいたからこそ、
Roadの発足は成功しました。

創業前も創業後も、何も変わることなく

とにかく「人の人生を変える」
ひとりでも多くの人の人生を良い人生に導く」
ことにこだわり続けました。

関わる一人一人を大切にして、少しでもアドバイスをしてあげて、少しでもキッカケを与えてあげて、可能な限り親身に寄り添ってやってきたつもりです。

ただ、創業から数年が経過して、薄々気づいていた事実が、よりリアルに、如実に、感じることが増えていきます。
それは、どれだけ私が「人の人生を変える」ことに躍起になったところで、私だけの力ではなんともならないことです。
創業する前と似たような悩みです。

創業前も環境の目的の差によって、実現出来ないと壁にぶつかりましたが…
自ら創った環境によって目的は統一されたとしても、その環境に強靭なパワーがなければ、多くの人の人生を変えることなど出来るわけがありません。

そこから大きく会社の在り方を見つめ直しました。
もちろん!根本的・根っ子の部分である
「人の人生を変える」「ひとりでも多くの人の人生を良い人生に導く」「大切な人を幸せにし続ける」
これは変わることは一切ありません!
ただ、掲げることとして、目指すこととして、もっとリアルに、現実と向き合う必要性を強く感じました。

リアルに向き合った結果、生まれたのが
RoadのVMPVC
です!
これまで、想いや信念などが先行していて、実現における根拠の浅かったことを見つめ直し
本当に理想を実現する為に、
具体的に達成する為のビジョン・ミッションなどを
再設計致しました

こうして明確に定まった我々のミッション
令和を代表する企業を創る

これからの時代は、昭和の先輩方に頼るのではなく、我々平成生まれが令和の時代を創り、引っ張っていくんだと強い気概が生まれました。

令和を代表する企業とは?
令和を代表する企業になる為には?
令和を代表する企業になるまでの踏むべきステップは?
道筋は?

一気に具体的な設計が立ち上がっていきました。

これまで、人の人生に向き合い続けてきた経験を活かして
企業のこれから
言わば…
Roadという「法人」の人生に向き合うことによって、
Roadの進むべき道筋を明確化することが出来ました。

会社は人の集合体であり、何より「法人」と呼ばれる一つの人格があります。
人格が認められた存在である以上「法人」にも人生があると考えます。
だからこそ、Roadという「法人」に、どんな人生を送らせてあげたいのか?
Roadという「法人」の人生を、最高の人生にしてあげる為には?
Roadという「法人」の人生を変えてあげる為には?
こんな考えに至って、VMPVCを定めて、理想の実現に向けて、自分の人生をかけて、立ち向かっています。

Roadを育てて、Roadを成長させて、Roadを良い人生に導いて、Roadの人生を変えることによって
Roadに期待してくれた多くの人達の人生を変えたいと願っています。

お客様、パートナー様、クライアント様…
皆様の人生に貢献することを最大限目指して、令和を代表する企業と呼ばれるまでに成長させていく過程の中で、Road Crewの人生を変えたいと強く意気込んでいます。

我々は、Roadに入社してくれた人を「従業員」とも「社員」とも言いません。
Crew」と呼びます。

それは、何故か?
「従業員」という漢字にある通り、「従わせて、作業させる、構成員」あまりにも目的に反しています。我々が望むのは、従業員ではありません。
「社員」という漢字の意味は悪くはありませんがRoadはただの会社ではなく、普通の社団の構成員と言うのも、我々がイメージする姿とは違います。

だからこそ「Crew」です。
乗務員・乗組員などの意味合いがあると思いますが
まさに言い得て妙です。Roadという乗り物に乗って、みんなで理想の目的地に向かって、荒波を乗り越えながら、大航海で協力しながら立ち向かう仲間達。
これこそがRoadが考える仲間ですから、「Crew」と呼ぶのです。

その「Crew」の人生をひとりでも多く「最高の人生に導く」こと
こんなにやり甲斐のある人生は
ないと思っています。

果てしないほど困難とも言え、成功事例も探しようのないことだからこそ、私の生きる意義があると感じています。

そんな環境でRoadは
在りたいと考えています。

多くの仲間との成功に向けて『集合天才』へと進化する

「人生を変える」ことにこだわり、一人でも多くの人が、少しでも良い人生を実現させることにこだわるRoadでは、当然のことながら、一人一人の成長にこだわることや企業としての成長・躍進にもトコトンこだわっていきます。

『最高の人生にしたい』『理想を実現させたい』『大きな夢を実現したい』『幸せになりたい』
誰もが望むことかもしれませんが、そんな壮大なことを自らの力だけで出来る人はなかなかいませんよね…
天才はRoadにはいません。

出来る気がしない、自信がない、勇気が湧かない…
多くの人がそうやって、自分の人生を諦めて、妥協していきます。

ただ…
一人では実現出来ないことでも、
最高の仲間の力を結集すれば実現可能だと思いませんか?

一人の力は微力なものであるかもしれませんが、多くの仲間の力の集合体によって生み出されるシナジーが発揮されれば、誰もが想像していない最大パワーを生み出すことが出来ると我々は考えています。

そもそも、組織として仕事をする目的は何か?
それは、
一人では到底できないことを成し遂げるためです!

そうであるならば、組織の一人一人が常にそれを意識し、それぞれの役割を自覚した上で、最高の結果を得るために力を注ぐことが出来れば、計り知れないパワーを生み出せると思うんです。

我々は、同じ志を持ち、共に人生を歩むことを決意した仲間であり・第二の家族として捉え、運命共同体として『大家族主義』を実現し、心をベースにした経営を重んじ続けていきたいと考えています。
義理人情に厚く、愛し、愛され続ける人であり、仕事を通じて心を磨き、より強固な絆・信頼関係を作り出し多くの困難を乗り越え続け、繁栄し続ける組織を目指します。

この想いを持った人間達が、一人の力としては未熟だが、
それが
集合体となり、大きな”こと”を成し遂げる組織へと成り代わる
のです。
一人の知識、一人の時間、一人の力は無力ですが集合体となれば強くなれます。

個人の経験を全体のものとし、全体の力を個人に結集して、創造的活動を行う集合天才となります。
個人の経験を全体のものとし、全体の経験を個人に結集する」というやり方で事に当たれば、天才以上のことも成し遂げられると考えています。
凡人が集まって天才でなければできないことを成し遂げる!
これが「集合天才」 の概念

になります。

この集合天才の考え方というのは、この考えにも通ずると考えています。
経営の神様:松下幸之助氏のお言葉
企業は人なり」「事業は人なり」
この言葉こそが企業経営の本質であり、真理であると思います。
事業は人を中心として発展していくものであり、
その成否は人の採用や成長、組織風土・文化にかかっている」
人間とは磨けば光る無限の可能性を秘めた、
ダイヤモンドの原石のようなものである」

こういった信念、人間観を学び、我々は事業を運営しています。

現代経営の生きる手本:稲盛和夫氏の
人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」
という言葉も同様です。
能力は劣ることはあっても、考え方や熱意をもって取り組むことが出来れば、いつかそれは大きな成果となって、強者を上回るという考えです。
強い情熱とは寝ても覚めても、
二十四時間そのことを考えている状態です。
実際に二十四時間考えつづけるのは不可能でしょう。
しかし、そういう意志を持ちつづけることが大切なのです。
そうすれば願望はいつしか潜在意識に到達し、
寝ても覚めてもそのことに意識を集中しつづけることが
できるようになるのです」

という言葉がありますが、現代ではあまり称賛される考えではないのかもしれません。
効率的に、スマートに物事を進めていくことが美徳とされるようにドンドンなっていると感じます。
ただ、大事なことはいつの時代であっても変わることなく、強い情熱や熱意があるからこそ勝ち切ることが出来ると考えています。

平成生まれの私ですが、そんな昭和の時代の偉大な先駆者達の猛烈な努力によって社会が変わってきたことに心から敬意を抱いているからこそ、令和の時代を代表する企業を目指す為に、現代的な要素、近代的な要素を最先端で挑戦することだけになってしまうのではなく、歴代の成功者の要素をしっかりと踏襲していくことが重要だと考えております。

仲間と共に最高の夢を抱き
信念を信じ、その熱意に周囲が共感し巻き込まれ、様々な困難を乗り越えていく。

人が人の為に動き、またそれを見た人が人の為に動く。

たった、1人の突拍子もない夢のような空想が、現実化していく。

そして、その夢に周りの人が巻き込まれ、多くの仲間が惹かれていく。

このイメージこそが集合天才によって成し遂げられる理屈です!

先ほども伝えたようにRoadには天才はいません。
私も、天才とはかけ離れた人間です。

ただ…
よく、天才と馬鹿は紙一重なんて言いませんか?

私は天才とはかけ離れた人間であるからこそ、大馬鹿者となり天才に勝っていきたいと考えています。
あえて言うならば、情熱の天才となり、周りの人達をもっともっと感化させて、より良い仕事に繋げて、人が人を呼び、より大きな渦となり時代を動かしていきたいと考えております。

一人では実現出来ないことでも、出来る気がしないことでも、自信がないことでも、勇気が湧かないことでも…
そんな大馬鹿者になり、多くの仲間の力を協力して、集合天才へと進化していくことが出来れば、果てしない夢も、現実に出来ると考えています。

暑苦しい、馬鹿馬鹿しい、胡散臭い、ただの綺麗事だろ…』
そんな風に思う人もいるかもしれません。

しかし!我々は本気です。
想像を超える情熱で、本気で可能性を信じて、邁進していきます。
そして、一つ一つ不可能を可能にしていきます。

Roadでは、Crew一人一人が「人間」として成長することも企業経営の目的としていますので
仕事を教えるだけではなく、こうした考え方や価値観、マインド・メンタルの成長を通して、本当に良い人生を送って欲しいと思っています。
良い人生を実現する為には、とても大切なことだと思います。

一概に「良い人生とは?」と、一言で定義することはとても難しく、それぞれの良い人生の在り方があると思います。
それを前提とした上で良い人生とは?をあえて一言で定義するとするのであれば

人生という文字を崩して

・人生の"人"という文字は『人格』
・人生の"生"という文字は『生活』

良い考え方×価値観×性格×情熱によって人格を磨き、豊かで安心・安定した生活を送っていくことが良い人生なのではないか?
良い人格×良い生活=良い人生
に必要な条件だと考えています。

だからこそ
良い人格を形成する為に…
良い生活を送る為に…
一人の力は微力でも、集合天才となり、奇跡のようなことを実現させていけると考えています。
その結果が、この先の暗い現代に、明かりを照らして、希望の道を示す令和を代表する企業となり、社会を変えて良くんです。

そんな人生をRoadで共に実現しませんか?

最後に

株式会社Roadのコーポレートサイト、リクルーティングサイトを閲覧してくださっている皆様に、少しでも我々の熱意が伝わり、共に人生を変え、共に社会を変え、素晴らしい人生を共に歩んでいきたいと願って沢山のメッセージを送らせて頂いています。

私の代表挨拶だけではなく、各ページで各Crew達からのメッセージが沢山発信されています!
ちょっとした時間だけでは読み切れないほどのボリュームだと思いますが、ホームページに訪れた方に、Roadに関心を持ってくれた方に、何か少しでもキッカケを与えることが出来ればと考えています。

コーポレートサイトの代表挨拶でも綴らせて頂いている通り
「出逢った人の人生の
記憶に残る企業」

を目指して
これからも常識に囚われず、信念をもって、鋭意努力して参る所存です。

既成概念にこだわって選択の幅を狭めてはなりません!
今までの常識とは離れたところからの考えも疎かにせず、理想実現に向けて一心不乱に信念をもって突き進みます。

【誰にでも出来ることをやる人生に何の意味がある?】
簡単に出来ない!
誰にでも出来ない!
みんな出来てない!

だからなんだ?

難しいからこそやる価値があるのではないか?
難しいからといって、挑戦することを諦めてしまっていては、
本当に叶えたいものは実現できない。
難しいからこそ、困難があるからこそ、壁があるからこそやるんです。
高度なこと、難易度の高いことに立ち向かう、
努力と情熱が人を大きく成長させるんです。

真の理想を追うからこそ、人は最大限の力を発揮できる。
強い情熱は本当の理想に立ち向かうからこそ生まれる。
"本当の理想から情熱が生まれ"
"本当の情熱から目標が生まれ"
"本当の目標から正しい努力が生まれ"
その結果、人は必ず成長するんです。
大きな壁に立ち向かえば立ち向かうほど、
少しずつでも成長し続けることが出来る。
その繰り返しが勇気と自信を生み、困難を乗り越えさせてくれる!
夢が大きければ大きいほど原動力が強くなり、成長が出来ます。
困難であればあるほどレベルアップします。
ただ、大きな夢を一人で叶えることは難しいです。
だから覚悟を持ち、情熱を共有してくれる仲間は尊い…

情熱を燃やし続け、努力を続け、次の世代へと
世代を超えてでも困難に挑む熱が絶えず受け継がれていく…

私は、自分の人生を通して体現したいと覚悟を決めています。

最高の人生を歩みたい!
ご自身の人生を最高なモノにしたい!
自分の秘めたる可能性を最大限引き出したい!

その為に、全力で一生懸命がんばりたい気持ちがある人は
是非、一度お話をしましょう!

本気で人生を変える為に…
全てをかける覚悟で本気の勝負に来ている仲間達がRoadにはいます!

現段階でRoadより優れた会社は数多くあります。
でも、最高の人生を歩む為に大事なことは現段階で優れた企業に入ることではありません。

良い会社に入るか?良い会社を創るか?
大手企業に入るか?大手企業を創るか?
凄い会社に入るか?凄い会社を創るか?
どちらが良い人生になると思いますか?

我々と一緒に"令和を代表する企業"を創りませんか?

Page top