oyama

~ 人事を尽くして天命を変える ~

 

株式会社Road
Vice Manager
ヴァイスマネージャー大山 慎太

られる

私は19歳の時に大きなキッカケがあり、自分の人生と本気で向き合い
理想の人生を形にする為に人材・営業代行のベンチャー企業に就職しました。
当時は漠然とした目標だけでしたが、20代前半の娯楽全てを捨て一心不乱に仕事に打ち込んできました。
そして現在、前職から共に働いてきた仲間と共にRoadを創業して新たなスタートを切っています。
19歳~現在に至るまで、多くの困難を乗り越えてきました。
何度も挫折しそうになりましたが、自身の夢、多くの仲間に支えられ今の自分があります。
その経験の中で感じた事、伝えていきたい事があります。

”人事を尽くして天命を変える”

人事…人間の力でできる事柄
天命…天が人間に与える運命のこと

pic

学歴や才能がなくても、過去大きな失敗をしていても必ず努力で運命は変えられます。
少なからず私自身の人生の中で、多くの”不可能”を”可能”に変えてきたと自負しております。

人生は大きな可能性に満ち溢れている!と多くの人に気付いてもらい、1人でも多くの人に夢・目標・希望を与え、人生の逆転劇を描いていく人が増えて欲しいと思い、このページの場を借りて自分の経験を伝えていきたいと考えております。

pic

がない…

した生活

私は高校卒業後、将来の為の準備期間が必要と考え、大学の道に進みましたが、先の事は何も考えずに常に楽しい事、好きな事ばかりを優先し、授業に参加しない日が続き、参加しても寝ているだけ、学校終わりはアルバイトとサークル活動の繰り返し… そんな日々を過ごしていました。

高校時代は野球部に所属し本気で甲子園出場を目指していたのですが、目標に向かって本気で取り組んでいた高校時代とは一変してしまいました。

夢がない…堕落した生活

当時の私は「やりたい仕事がない=夢がない」 「夢がないから何をすればいいかわからない…」と思っていましたが「まだ若いから大丈夫だろう」、「何とかなるだろう」と考えてしまい、自分の人生と向き合う事を全くしていませんでした。

夢がない…堕落した生活

い…

のターニングポイント

大学1年の冬に、現在Roadの代表である片江との出会いがあり、この出会いが人生の大きなターニングポイント(転機)となりました。
当時21歳、高卒でベンチャー企業人事部の役職として勤めていた片江との出会いで、私の社会人・サラリーマンに対するマイナスな固定観念が変わりました。
学歴が低くても社会で勝つ為に努力している事や、自分と似た境遇の中でも壮大な夢を描き挑戦している事、そして希望に満ち溢れている事。
全てが斬新で、純粋に”カッコいい”と感じました。
多くのアドバイスを頂いた中で、一つの言葉が私を救ってくれました。

出会い…人生のターニングポイント

「夢は職業じゃなくても良い!自分の理想の 生き方を決めた方がいいのでは?
どんな人生にしたいか、どんな人間でありたいか、その理想の生き方を実現する為にするのが仕事なのではないか?」

と、気付きを与えて頂きました。
色々な方に人生のアドバイスを貰うことはありましたが、ほとんどの方が「やりたい仕事を見つけな」、「この仕事が向いているのではないか」といった内容ばかりでしたので私の中では衝撃でした。

出会い

新たな

…環境の

自分にとっての理想の人生・理想の生き方とは何か…
その日から本気で考えるようになりました。
高校野球での悔しい思いがフツフツと蘇り野球で負けた分、人生では負けたくないな…
普通で終わりたくないな…
色々な人達から認められたいな、憧れられたいな…
多くの人に夢を与えられる存在になりたいな…
本当は甲子園に出場し、プロ野球選手として実現をしたかったけど、別の形(手段)で人生を輝かす事ができるのではないか?と考えるようになりました。

新たな夢…環境の変化

その想いから行きついた考えは、”経営者”という 選択肢でした。
経営者なら色々な事ができるのではないか?
経営者なら学歴が低くても勝負できるのではないか?
経営者なら同じ悩みを持った人達にも良い影響を与えられるのではないか?
経営者として歩む人生を考えれば考える程、夢が膨らみ、いつの間にか、本気で経営者になり人生の逆転劇を描きたいと思うようになりました。
実現の為に様々な経験をし、力を付け、資金を作り、仲間を集め起業したい!と思い完全実力主義の営業ベンチャー企業で働きたいと考えました。

環境の変化

大きい会社で得られる事よりも小さい会社の方が色々な事を任せて貰える、会社と共に成長できると考え、そんな会社があるなら今すぐにでも挑戦したいと思い、行動を起こしましたが、結局自分の力で理想の会社を 見つける事はできませんでした…。

最後のチャンスだと思い、キッカケをくれた片江に大学を辞める覚悟はある!今から動き出したい!と本気の想いを伝え、片江が勤める会社で働くチャンス、学ばせてもらうキッカケを頂きました。

環境の変化

最初はアルバイトスタッフとしての採用になり、大学と両立して働く環境を整えてくれました。

大学在学中に店舗・個人宅への飛び込み営業の仕事をさせて頂く事になり、片江との出逢いから一ヶ月という短い時間ではありましたが、自分を取り巻く環境や考え方や心境の全てが変わり始め、新たな人生の挑戦が始まりました。

環境の変化

の日々…

当時在籍していた会社は、まだ創業期という事もあり営業ノウハウもない、評価制度も曖昧な状況で、給料制度はほぼフルコミッションの様な形でしたので、最初は借金をしなければ生活が回らない環境でした。
交通費・食費・娯楽費全てを削っても、自由に使えるお金は一切ありませんでした。
その中で上司との面談、営業練習、勉強(読書、コラム)などやるべき事が多くて、毎日仕事を終えるのは朝の5時過ぎ会社で寝泊まりすることは珍しくありませんでした。
休みも一切ありませんでした…(笑)
同期入社の方も多くいましたが、過酷な労働環境に耐えきれず大半の人が退職していきました。

怒涛の日々…等価交換

未熟ながら私も転職支援などを通して数々の企業を見てきましたが、ここまで厳しい労働環境は日本中どこを探してもないのでは?と今でも思っています(笑)
その一方で周りの友人は楽しい学生生活を過ごしているのを私はSNSで見て、「羨ましいな…」と心の中で嘆いていました。
途中何度も心が折れかけそうになりましたが、世の中の成功者(経営者、スポーツ界、芸能界、エリート)の人は若いうちから周りがしない努力・苦労をし続けている。
壮大な夢を叶えるにはそれ相応の努力・苦労が必要でありその分だけ必ず成果は付いてくるものだと信じて乗り越えていきました。

怒涛の日々…等価交換

が人を

させる…最年少課長就任

入社して半年頃、新規事業も多く立ち上がり会社が軌道に乗り始めたタイミング゙で、“大学という保険”をかけて挑戦している自分が嫌になり退学を決断しました。

会社の創業期は今しかない、会社と共に成長していける今だからこそ、この選択をした価値がある、そして何よりもこの選択をした事を絶対に後悔したくなかったという強い思いがありました。

決断が人を成長させる…最年少課長就任

親や友人には猛烈な反対されていたのですが、自分の選択が正しいかどうかは、結果次第、自分の成長次第。

決断の本質は決める事ではなく断つ事にあります。

”大学を辞める”この苦渋の決断が私の成長を大きく加速させたのだと思います。

最年少課長就任

大学中退という大きな決断をした後は、自分でも驚くほど業績は上がっていき、多くの部下も任されるようになり、結果として入社1年で”最年少課長”に就任する事が出来ました。

1年間の苦労が報われた瞬間でした…

最年少課長就任

マンから

へ…新たなステージ

営業マンから管理者へ…新たなステージ

営業現場も抜けて、営業指導、採用活動に注力するようになり、会社の人員計画、売上計画の達成に向けてマネジメントをする立場にも変わり、入社して2年になる頃には、マネジメントする社員、アルバイト数は100名を越えていました。

多角化していく事業展開の中で、飲食店向けのサービスの新規事業の立ち上げも経験し、収支計画(PL)、人員配置、トークスクリプトの作成、テレアポリストの作成、0から1を生み出す経験を始め、20歳前後の年齢では信じられないような経験をさせてもらいました。

新たなステージ

マネジメントする社員は皆、仕事を頑張る理由が異なるので、一人ひとりと向き合うことの重要性、大変さを学び、一般的な20代では経験することのないような日々を送ることができました。

経験も知識も全てが未熟でしたので、立場に相応しい自分ではなかったと思いますが、会社や上司の想像を越える為にも、常に先頭に立ち、背中で引っ張っていこうとしていました。

新たなステージ

自分の言葉、行動で人を導き、人を輝かせて行く事が何よりもやりがいでした。
一般の平均年収を越え、21歳になる前に外車を購入、ルームシェアだった所から都内のタワーマンションに住居を移すなど生活環境の全てが変わりました。

業務内容の変化だけではなく、目指す側から目指される側へと立場が大きく変わり、新たなステージに突入しました。

新たなステージ

スター街道からの

…真摯さの

最年少課長に就任してからは、他部署・新入社員ほぼ全社員が私の事を知っていて、色々な人から「凄いですね」「羨ましいです」と言われる日々が続きました。

そして社内の組織編成があり、入社時からの上司だった 片江と離れる事になり実質、私が全て組織の舵取りをするようになりました。
ただ…責任ある立場にも関わらず、気付かないうちに無責任な行動・発言も増えていき、素直で謙虚だった姿もなくなり、自分の立場・現状に慢心していました。

スター街道からの転落…真摯さの欠落

自分だけのお陰で今の立場があるのではなく、会社・上司・部下色々な人のお陰で今の自分があるという根本的な感謝の気持ちも薄れていました。
その結果、2年半一切昇進昇格はありませんでした。
最年少で駆け上がったのに、次々と同じ世代の人達に追い越され、一瞬にして最年少課長という栄光も消え去りました…
リーダーにおいて”真摯さ”が必要不可欠という事をこの失敗から学びました。
「誠実さ・ひたむきさ・素直さ・謙虚さ」全てが欠落していました。

真摯さの欠落

を超えて…大きな

私の苦悩を救ってくれたのは、やはり片江の存在でした。

再び片江と一緒の組織で仕事をする事になり、原点回帰が出来ました。

片江は最年少部長になり、最年少役員筆頭候補として会社を牽引している存在になり、圧倒的な差を感じ、同時に悔しさも込み上げました。

苦悩を超えて…大きな成長

今までの私は何事においても目先思考で、人事を尽くして天命を待つという考えが強く、やれるだけの事をやって後は結果を待つというスタイルでした。

組織のトップ、責任者としてあるべき姿ではないという事を学び、努力で天命を変えるという考えを学びました。

苦悩を超えて…大きな成長

どんな状況でも結果を出す為に!運命すらも変る為に!出来る方法を考え最善を尽くし、常に目的・目標・理想から逆算する思考を教えて頂きました。

その考えを持つようになってから物事の視点、捉え方などが変わり、正しい考えで、仕事・人生と本気で向き合うようになり、結果として、苦悩を越え、24歳で部長補佐に就任しました。

苦悩を超えて…大きな成長

方向性の

…新たな

方向性の違い…新たな挑戦

会社は従業員数1000名を超え、年商100億円企業に猛烈な勢いで近づく急成長で、東証マザーズへのIPO(株式会社上場)、目前まで成長しました。
入社当初からすると全く別の会社なのでは?と自分でも疑う程、環境が変わっていきました。
大手企業に入る事よりも大手企業を自分達の手で作り上げる事へ価値を感じて、何が何でも上場企業にさせようと取り組んでいましたが、上層部の近くで仕事をすればするほど、知った事、気付いた事、感じた事が多くありました。
その結果、会社・役員と目指すべき方向性や価値観の違いから退職を視野に入れるようになりました。

新たな挑戦

多くの仲間との思い出や自分の成長を作ってくれた会社だからこそ本気で悩みましたが…気持ちは変わりませんでした。
そう考えていた時に、片江・宮城で進めていたRoad立ち上げの話を頂きました。
19歳の頃から、25歳までには自分の力で起業する!と目標にしていましたが…
お金を稼ぎたいから起業した人、能力・経験がない中で 起業した人、VISIONがない中で起業した人。
私の周りには、多くの失敗や苦労を教えてくれる方が沢山いました。
起業する事は今の時代誰にもできる事であり、誰でも経営者になれる。

新たな挑戦

起業する事や経営者になる事だけが人生のGOALではなくあくまでそれは手段であり、根本的に大事なのはそもそも自分の人生をどう生きたいか、どんな人生にしていきたいか…
そう思った時に私は、自分の人生・仕事を通して“多くの人に夢や希望を与える存在(人)になる”そして信頼できる仲間と共に何かを成し遂げたいという想いが湧き出てきました。
自分一人の力で起業してやれる事よりも、同じ思い・同じ価値観を持つ仲間と会社を作った方がどんな事でもできるのではないか?理想の人生を歩めるのではないか?と思うようになり、同時に経営者・社長という肩書よりも大事なものがあると感じ、Roadの創業を共にしていくことに決めました。

新たな挑戦

Roadで描く未来

私はRoadを通じて、自身の夢(人生の目的)である ”多くの人に“夢や希望を与える存在になること”を実現していきたいと考えています。
私は学歴、能力、資金、人脈、才能何もありませんでした。
変わるキッカケ、成長できる環境、最高の仲間がいて、今の自分が在ります。
私自身が過去~現在、そして未来で人生の逆転劇を形にしていく中で、”人事を尽くして天命を変える”この言葉を信じて行動、挑戦できる人を一人でも多く生み出して行きます。

Roadで描く未来

その為にはRoadの中核事業のLCC(ライフキャリアコンサルティング)事業の成長が必要不可欠になります。
この事業は私の夢や理想の生き方を体現できる仕事だと感じているので、より一層注力していきたいと考えています。
人生の選択を改革していく中で、最も重要なのが仕事の選択であり、最も人生で時間を費やすものも仕事です。
仕事が人生に与える影響は想像以上に大きいものです。
今まで多くの方と面談をしてきましたが、ほとんどの方が逆算思考で職業選択をしておりませんでした。

Roadで描く未来ooyama 33

これから先の人生を考え、設計し、その実現の為に仕事をしていく事ができれば、より良い人生を歩めると考えています。
人それぞれ幸せの価値観や目標の大きさは異なると思いますが、どんな人生であっても理想通りの人生にする事は容易ではありません。
だからこそ一緒に人生設計(計画)を立てる必要があります。
理想の人生から逆算した時に今何をすべきか、どこで働くべきかなど幾つかの選択肢が必ず見えてきます。
実現の手段や方法は1つだけではなく複数あるからこそ、一緒に考える事に価値があります。

Roadで描く未来

正しい選択、答えはないと思いますが、人生と向き合い、気で考える事で、後悔しない選択ができると思っています。
転職活動はただ仕事を見つける活動ではありません。
”人生を変える活動”であって欲しいと、私は思っています。
会社を変えると同時に自分自身も変えていく、最高のチャンスです。
そう感じて頂けるように私たちは一生懸命皆様と向き合い続けます。

Roadで描く未来

そして転職の分野だけではなく、お客様が歩むこれから先の人生を支援し続けられるように一生涯関わり続けていき、より多くのファンを作り、ファンからファンへRoadの考えや想いが広がり、関わってくれた方達と一緒に事業拡大をして行きたいと考えています。
今後はセミナーやイベント、学校などメディア・媒体も活用して日本の若者にどんどん影響を与えて行ける存在を目指しています。

少しでも安心して私に人生の相談をしてもらえるようにと取り組み続け、今年国家試験に合格する事が出来、晴れて国家資格キャリアコンサルタントを取得致しました。

Roadで描く未来

最後に…

今後は、ファイナンス関係・保険・経営学など多くの教養を高めていく事により、更にグレードの高い支援を出来ることを目指し、キャリアコンサルティングだけではなくライフコンサルティングの領域においても、安心して相談頂ける存在を目指して、一人でも多くの人を私が理想の人生へ導ける存在を目指しています。

人生のトータル(総合)コンサルティングをしていける存在として、20代の転職、人生相談であれば、Roadの大山慎太が1番信頼できるといったお声を頂けるような日本
No.1のトータルコンサルタントを目指していきます!

最後に…
 

menu